2009年09月26日

引っ越しシーズンに思う

これからの2ヶ月間は、わりと引越しの多いシーズンになるようで、私の家の近所のアパートにも、毎年このシーズンというのは結構出入りが多くなる感じがあります。私はこれまでの人生の中で、県外に単身赴任に出たりということもありませんから、このあたりの引越しの面倒さというのはあまり感じた事がありませんけども、家財道具一式をまとめて、住み慣れない県外に移り済むということは、いろいろなストレスがあるだろうな…ということを思います。

以前、引越し比較のサイトを見ていた時に、引越しの際に必要な手続きや、それにかかるコストなどの説明がされていて、いずれは自分も引越しをするという機会もあるだろう…というように思っていろいろと見ていたのですけども、やはり引越し業者さんに任せるというのが一番手間がかからずに済むようですね。

何事もそうですけども、ただお金が安いという勘定だけで考えて、料金の安いように安いように…ということで、行動を仕ていても、結局そのお金をケチるために、多くの時間を浪費しているという場合もありますから、そのあたりのバランスを考えると、単純に手元に残ったお金が少し増えたとしても、大きな時間を失っているかもしれませんので、そういった意味では、自分でできることは自分でやる…というような考え方も、本当にバランス次第だなと思います。

私は以前は、とにかく安くあげる…ということばかりを考えるタイプだったのですけども、サラリーマンになっていろいろと時間のない生活に追われるようになってからは、たかだか1000円安くなるようなもののために、30分以上かかるスーパーに買い物に行ったり…というようなことが、ものすごく無駄なことをしているなあ…と感じるようになり、今は、価格とそれに消費する時間のバランスを考えて買い物するようにしています。

最近は不景気だということもあって、何もかもが低料金になってきていますけども、それを購入しに行くための移動や、その他の時間的損失も考えてみる必要はありますよね。
【関連する記事】
posted by みどり at 17:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

人がいる幸せ

このブログでは日々の暮らしの中で見つけた幸せなどをちょっとずつ書いていけたらなと思います。私は最近引っ越しをしていますんでいる街に来たのですけどもこの街は私が以前住んでいた街よりも随分と小さい子供が多くて朝や夕方がとてもにぎやかです。

やはり人というのは人の中で生きていて、こういった幸せな笑顔を毎日見ていることによって心も癒されていくなということを最近特に思いました。

私はこれまで集合住宅に住んではいたのですけどもそれほどご近所さんとのつき合いがある方ではなく、どちらかというと孤独な感じだったのですが、引っ越しをしたことをきっかけにちょっとずつご近所つき合いというものについても考えて行こうかなと思い始めました。

最近は不景気な話題ばかりが多いので、テレビをつけても新聞を読んでも雑誌を読んでもくらい話ばかりになっていますので、日々の生活の中でいかに幸せな事を自分自身の心の中に見いだしていけるか?ということは、とても重要な考え方であるかと思います。

ここでは私が日々の生活の中で感じたちょっとした幸せや、美味しいものを食べてきた話などをちょっとずつしていきたいなと思います。
ラベル:暮らし 生活
posted by みどり at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。